トラベっと.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラベっと

行ってみた場所・やってみたことを紹介します

タイ・カンボジアに行ってみた!!~4日目~世界遺産アンコールワットで日の出を迎える

 

バックパッカーの旅シリーズ

イ・カンボジアに行ってみた!!4日目の記事になります

1日目から読むならこちらから!↓

sengine.hatenablog.jp

 

 

5時に迎えのトゥクトゥク

日の出を見るためめちゃくちゃ早起きしました。昨日レストランを案内してくれたトゥクトゥクのおじさんが5時に迎えに来ます。

アンコール遺跡群はシェムリアップから非常に近くトゥクトゥクで移動できる距離にあります。暗い中をアンコールワット目指して走行します。

f:id:sengine:20170224003530j:plain

まずはチケットを購入。塗りつぶし加工してますが、顔写真を取られます。料金は20$。このチケットでアンコール遺跡群全てを見ることができるので、安いんじゃないかな?

f:id:sengine:20170223224149j:image

アンコールワットに到着したころにはもう薄明かりが!!急いで中に入っていきます!
f:id:sengine:20170223224217j:image

石の門をくぐると


f:id:sengine:20170223224241j:image

アンコールワットの本殿(?)に続く長い通路が現れました!ひとまずここで日の出の時を待ちます。

 

アンコールワットの神秘!!
f:id:sengine:20170223224307j:image

もうすぐで太陽があがってきそうです!アンコールワットの姿が池に映って美しい!!


f:id:sengine:20170224004747j:image

、お?
f:id:sengine:20170224004804j:image

、、、お?
f:id:sengine:20170224004821j:image

上がってきました!!
f:id:sengine:20170224004856j:image
というわけで、天候にも恵まれ、無事に日の出を拝むことができました。本当にきれいだった!!

 

しばらく呆然と日の出を眺めていましたが、太陽がだいぶ高くなってきたので切り上げ、ついに本殿の中にのぼっていきます。
f:id:sengine:20170223224629j:image

中に入ると、石造りの沐浴場が待っています。この時代に、こんな地上よりも高い位置に大量の水を運ぶ技術があったのですね。
f:id:sengine:20170223224640j:image

やはり仏教寺院。日本でもよく見るような菩薩が祀られています。
f:id:sengine:20170223224657j:image

まだ上にのぼれる!!
f:id:sengine:20170223224710j:image

アンコールワットの最上部には、涅槃が祀られていました。何だか少し厳かな雰囲気、、
f:id:sengine:20170223224723j:image

最上階からの見晴らしは最高でした!自分が歩いてきた道がよく見える。

 

象に乗りました
f:id:sengine:20170223224506j:image

見出しの通り、象に乗りました笑 それがこちらの象!

f:id:sengine:20170224011119j:plain

思ったよりも目線が高い!そして結構揺れます!写真はバイヨンという名前の遺跡です。
f:id:sengine:20170224011024j:image

象使いの方は象の首に直接座っていました。あからさまにチップを要求しています笑

 

遺跡群での流血事件

アンコールワット以外の遺跡にも案内してもらいました。
f:id:sengine:20170223224757j:image

こちら東西南北に伸びる長い通路のような遺跡です。方位磁針を見てみると本当にぴったり東西南北になっていて感動しました。どうやって方角を測っていたんだろう。
f:id:sengine:20170223224810j:image

定期的にこのような台座が現れます。

このトンネル思ったよりも低く、頭をぶつけてしまいました。結構激しくぶつけたので、血が、、、

世界遺産に血痕を残していきました笑 幸い血はすぐに止まったので良かったです。
f:id:sengine:20170223224835j:image
f:id:sengine:20170223224851j:image

このようなラピュタのような巨大樹も!遺跡を飲み込む勢いです。

f:id:sengine:20170223224902j:plain

あれ?笑 石の模様をした布で覆われています。どうやら修繕中のようで、それのカモフラージュに使われていました。決してインチキではありませんよ!!笑

 

他にもほんとにたくさんの遺跡を案内してもらいましたが、数が多すぎるので紹介はここまでにしておきます。本当にアンコールワットは行く価値のある場所です!

 

シェムリアップの繁華街で晩餐

カンボジア最後の夜はシェムリアップの繫華街で過ごしました。写真を撮るのを忘れてしまった!

ビール1杯1$で飲めるお店があってそこで随分と飲ませていただきました。

 

 

明日はもうタイに戻ることになります!さらばカンボジア!!